「新華社」「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「陸海新ルート」三つの物流方式で常態化運行実現 中国・シンガポール相互接続プロジェクトの国際陸海貿易新ルート(略称「陸海新ルート」)の三つの物流方式はいずれもすでに常態化した運行が実現し世界71の国と地域の155の港をカバーしている。重慶市中国・シンガポールモデルプロジェクト管理局への取材で分かった。同ルートは中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクトの重要な構成部分である。鉄道、道路、水運、航空などの多様な輸送方法を利用し、重慶から南下して貴州などの一級行政区を経由し、広西・北部湾などの海沿いや国境沿いの通関港を通り、シンガポールおよび東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要な物流結節点に到達する。中国東部地区を経由した海上輸送と比べ所要時間は約10日前後短縮される。重慶市の韓宝昌(かん・ほうしょう)プロジェクト管理局長は次のように説明した。現在、「陸海新ルート」の三つの物流方式はいずれも常態化した運行が実現している。(これまでの運行本数は)鉄道・海運の複合輸送で805本、当初の週1便から毎日の双方向運行となった。また国際鉄道連絡輸送(重慶~ベトナム・ハノイ)は55本、重慶~ASEANの国境を跨いだ道路輸送が661本となっている。シンガポール、日本、オーストラリア、ドイツを含めた71の国と地域の155の港をカバーしている。「陸海新ルート」はすでに「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ定期貨物列車)と長江黄金水道の連結を実現し、シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロードの有機的なつながりを初歩的に実現している。(記者/張海舟)<映像内容>中国重慶市などの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国・シンガポール相互接続プロジェクト 国際陸海貿易新ルート 陸海新ルート 中国 重慶市 物流 中国シンガポール(重慶)戦略的相互接続モデルプロジェクト 輸出入 政府間協力プロジェクト ASEAN 東南アジア諸国連合 国際貿易物流ルート 風景 街並み 景色 景観 ビル群 列車 中欧班列 定期貨物列車 ASEAN つながり オーストラリア シルクロード シルクロード経済ベルト シンガポール シンガポールモデル シンガポールモデルプロジェクト シンガポール相互 シンガポール相互接続 プロジェクト プロジェクト管理 プロジェクト管理局長 ベトナム ベトナムハノイ モデルプロジェクト モデルプロジェクト管理 一級行政区 中国シンガポール 中国シンガポールモデル 中国シンガポール相互 中国東部 中国重慶市 協力プロジェクト 双方向運行 国東部地区 国際貿易 国際貿易物流 国際鉄道 国際鉄道連絡 国際陸海 国際陸海貿易 常態化運行 常態化運行実現 広西北部湾 戦略的相互 戦略的相互接続 所要時間 接続プロジェクト 接続モデル 接続モデルプロジェクト 構成部分 海上シルクロード 海上輸送 物流ルート 物流方式 物流結節点 相互接続 相互接続プロジェクト 相互接続モデル 管理局長 複合輸送 貨物列車 輸送方法 連絡輸送 運行実現 運行本数 道路輸送 重慶市中国 重慶市中国シンガポール 鉄道海運 鉄道連絡 鉄道連絡輸送 長江黄金 長江黄金水道 陸海貿易 黄金水道

映像情報

撮影日
2019/02/15
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分35秒
音声有無
なし
映像有無
あり
映像形式
mp4