香港中文大学開発のロボット、クロストリジウム·ディフィシルの臨床検査効率を向上
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 香港中文大学開発のロボット、クロストリジウム·ディフィシルの臨床検査効率を向上  13日、香港中文大学で行われた記者会見で、記者からの質問に答える同大学消化疾病研究所の沈祖尭(しん・そぎょう)主任(左端)。中国香港特別行政区の香港中文大学は13日、同校の科学研究者がこのほど、医療検査用マイクロロボットの開発に成功し、最短15分以内でクロストリジウム・ディフィシルが放出した毒素を正確に検出できるようになったと発表した。(香港=新華社記者/李鋼)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 香港 香港中文大学 科学研究者 医療検査用マイクロロボット 開発 成功 科学 技術 クロストリジウム・ディフィシル 臨床検査 ロボット 記者会見 しんそぎょう そぎょう クロストリジウム クロストリジウムディフィシル ディフィシル マイクロ マイクロロボット 中国香港特別行政区 中文大学 中文大学開発 医療検査 大学消化 大学消化疾病 大学開発 消化疾病 消化疾病研究所 疾病研究所 臨床検査効率 香港中文 香港特別行政区

画像情報

登録日時
2019/02/13 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3168×4928 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
44.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ