「新華社」北極圏でノルウェー人シェフの中国料理を満喫
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」北極圏でノルウェー人シェフの中国料理を満喫 中国料理店はすでに世界各地にあるが、大部分は現地在住の華僑・華人が経営している。だが、ノルウェーの北極圏内の小さな町キルケネスでは、生粋のノルウェー人が「本格的中国料理のプライベートキッチン」を開いている。お店に入ってみよう。青菜の漬物と魚を煮込んだ「酸菜魚」、昆布そば「海帯湯麺」、ラー油などの料理や調味料のほか「有縁千里来相会」(縁があれば離れていても出会える)と書かれているなど、まるで中国の街角にある飲食店のようだ。これらは中国では極めて一般的な料理だが、遠く離れた北極圏の小さな町でこれほど本格的な中国料理を食べられるのはとても貴重だ。厨房で忙しく働いているシェフこそが、ノルウェー人のホーコンさんだ。ホーコンさんは、オスロ大学と北京大学、アモイ大学で中国語を学んだ。生粋のノルウェー人だが、中国の心も持っている。中国の広大な大地からありふれた物事まで全て愛し、さらにそれ以上に中国のおいしい料理を愛している。ホーコンさんは首都オスロに住んでいるが、キルケネスで行われている「世界最北端のチャイナタウン」をうたったイベントに招かれ、同所で「本格中国料理のプライベートキッチン」を開いている。普段、ホーコンさんはオスロで「中国白菜」という名前のプライベートキッチンを営んでいる。北極圏では、ホーコンさんは地元の人への思いやりもこめて、地元で伝統的に食べられているトナカイの肉を麺料理に添えている。もちろん、このトナカイ肉も中国の伝統的な調理法で味付けしている。極寒の北極圏の小さな町で、親しい友人と一緒にテーブルを囲み、熱々の中国の麺料理を食べられるなんて、なんと素敵なことであろう。(記者/張淑恵、梁有昶)<映像内容>北極圏でノルウェー人シェフが開いた中国料理店の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ノルウェー 北極圏 キルケネス 中国料理 「酸菜魚」 昆布そば 「海帯湯麺」 ラー油 「有縁千里来相会」 飲食店 厨房 「世界最北端のチャイナタウン」 風景 アモイ大学 イベント オスロ大学 キッチン チャイナタウン テーブル トナカイ トナカイ肉 ノルウェー人 ノルウェー人シェフ プライベート プライベートキッチン ホーコン 一緒にテーブル 世界各地 世界最北端 中国白菜 北京大学 思いやり 本格中国料理 本格的中国料理 極めて一般 現地在住 町キルケネス 華僑華人 首都オスロ

映像情報

撮影日
2019/02/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分57秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4