「世界のチベット学学府」ラプラン寺でモンラム祭
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 「世界のチベット学学府」ラプラン寺でモンラム祭  17日、甘粛省甘南チベット族自治州夏河県のラプラン寺で行われたモンラム祭。(小型無人機から)中国甘粛省甘南チベット族自治州夏河県にあるラプラン寺で17日、新年が天候に恵まれることを祈願する年に1度のモンラム祭(正月法要)が行われた。僧侶や民衆、国内外の観光客5万人余りが集まり拝観や観光を楽しんだ。1709年に建てられたラプラン寺は、チベット仏教のゲルク派六大僧院の一つで、チベット仏教の教学体系の中でも多くの学科が揃い、レベルも高いことから「世界のチベット学学府」と呼ばれている。(夏河=新華社記者/陳斌)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 甘粛省 甘南チベット族自治州 夏河県 ラプラン寺 新年 天候 祈願 モンラム祭 正月法要 観光 拝観 風景 ゲルク派六大僧院 「世界のチベット学学府」 中国文化 ドローン 空撮 チベット仏教 チベット学 チベット学学府 モンラム ラプラン 中国甘粛省 中国甘粛省甘南チベット族自治州 小型無人機 教学体系 甘南チベット族自治州夏河県 甘粛省甘南チベット族自治州 甘粛省甘南チベット族自治州夏河県

画像情報

登録日時
2019/02/17 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2083×3346 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
19.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ