「新華社」中国初の編成可変型高速鉄道車両、出荷試験に合格
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国初の編成可変型高速鉄道車両、出荷試験に合格 中国の鉄道車両最大手、中国中車傘下の唐山軌道客車は22日、中国で初となる編成可変型の高速鉄道車両(動車組)が、同社で60項目以上の工場内試験を終え、独自の編成組み換え検証に合格。出荷条件を満たしたことを明らかにした。高速鉄道車両は誕生から半世紀以上、一般的に固定編成方式が採用されてきた。同社のプロジェクトチームは、高速鉄道の固定編成モデルを打破し、車両の設備や機能、構造で再設計と再定義を行い、2階建て車両や大定員縦向き寝台車、ビジネスシート車両、寝台座席可変車両、食堂車・客車と貨物車の合造車などで新型車両を開発した。編成可変型車両プロジェクトで主管設計師を務める張慶剛(ちょう・けいごう)氏によると、今回のプロジェクトでは、先頭車を前後につなげた2両編成を最小編成とし、旅客量の変化により編成を拡大する必要が生じれば、速度と出力に基づき最も効率的な組み合わせを算出するという。2~16両の範囲内で動力車と客車を自由に組み合わせ、速度等級や編成数、座席配置の異なる車両を「積み木遊び」のようにすばやく組み替えることができる。張氏は、編成可変型の高速鉄道車両は旅客数の変動や乗客のニーズに柔軟に対応し、高速鉄道列車のコストパフォーマンスと実用性を向上させることができると説明。編成可変型の高速鉄道車両はすでに80以上の特許を申請し、中国優秀工業設計賞金賞や中国設計知的創造賞を獲得している。中国の高速鉄道の品質と効率を一層高め、コストを削減し、旅客の移動条件を最適化するための解決プランをもたらしたといえる。(記者/高博、曹国廠)<映像内容>中国初の編成可変型高速鉄道車両の様子、撮影日:2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 鉄道車両最大手 中国中車傘下 唐山軌道客車 編成可変型 高速鉄道 車両 動車組 列車 出荷試験 合格 車体 けいごう ちょうけいごう コストパフォーマンス シート車両 ビジネス ビジネスシート ビジネスシート車両 プロジェクト プロジェクトチーム 中国中車 中国設計 中国設計知的 主管設計 出荷条件 可変車両 唐山軌道 固定編成 固定編成モデル 固定編成方式 変型車両 変型車両プロジェクト 変型高速鉄道 変型高速鉄道車両 寝台座席 寝台座席可変 工業設計 工業設計賞金 座席可変 座席可変車両 座席配置 新型車両 最小編成 知的創造 移動条件 積み木遊び 組み合わせ 組み換え 組み換え検証 編成モデル 編成方式 編成組み換え 編成組み換え検証 解決プラン 設計知的 設計知的創造 設計賞金 車両プロジェクト 軌道客車 速度等級 鉄道車両 食堂車客車 高速鉄道列車 高速鉄道車両

映像情報

撮影日
2019/02/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
544p
フレームレート
30fps
再生時間
00分45秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4