「新華社」北京市ICVモデル走行区、運用開始
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」北京市ICVモデル走行区、運用開始 中国北京市インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区(首鋼パーク)がこのほど、正式に運用を開始した。同市が自動運転車のテストを集中的に行う試行地区となる。面積は8・63平方キロで、自動乗り換え、隊列走行、時間計算のカーシェアリング、無人宅配、無人清掃、無人配送、無人販売、無人巡回検査の8分野に関わる自動運転テストを行っていく。(記者/孫蕾)<映像内容>自動運転車の走行テストの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京 インテリジェント・コネクテッド・ビークル ICV モデル走行区 自動運転車 試運転 道路 交通 自動車 APOLONG 自動運転バス 無人宅配 無人清掃 無人配送 無人販売 無人巡回検査 科学 技術 APOLONG ICVモデル ICVモデル走行 インテリジェントコネクテッドビークル カーシェアリング モデル走行 中国北京市 北京市ICV 北京市ICVモデル 巡回検査 無人巡回 自動運転 自動運転テスト 試行地区 走行テスト 運用開始 隊列走行

映像情報

撮影日
2019/03/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分29秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4