「新華社」ジュネーブ国際モーターショーのトレンドは電気自動車
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ジュネーブ国際モーターショーのトレンドは電気自動車 第89回ジュネーブ国際モーターショーが、17日まで開かれている。世界の自動車メーカー40社余りの100種類近くの世界初、欧州初のモデルが公開され、電動化の傾向はすでに多くの自動車メーカーのコンセンサスとなっているようだ。毎年欧州で最も早く開幕するモーターショーであるジュネーブ国際モーターショーは、自動車業界のトレンドが分かるとされ、今年は明らかに電動化がトレンドとなっている。プレスデーの5日に初めて披露された約100モデルのうち、半数近くが純電気自動車(BEV)やプラグインハイブリッド車(PHV)で、アウディ、BMW、ベンツなど世界の主要自動車メーカーが展示ブースの目立つ場所に自社の電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)を展示していた。専門家は、大手自動車メーカーが次々と電動化戦略を開始しているのは、欧州連合(EU)加盟国間で先ごろ新たな二酸化炭素(CO2)排出量削減案が採択されたことと無関係ではないと指摘する。欧州議会とEU加盟各国は昨年12月、2030年までにEUにおける新車のCO2排出量を2021年より37・5%削減し、トラックの排出量を31%削減することで合意した。(記者/杜洋、凌馨)<映像内容>第89回ジュネーブ国際モーターショーの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ スイス ジュネーブ ジュネーブ国際モーターショー 自動車メーカー 自動車業界 EV 電気自動車 ハイブリッド車 HV 純電気自動車 BEV プラグインハイブリッド車 PHV アウディ BMW ベンツ 日産自動車 NISSAN 三菱自動車 SUZUKI ISUZU FIAT トヨタ自動車 レクサス フェラーリ e-tron RENAULT ルノー ロゴマーク EU加盟 EU加盟各国 FIAT ISUZU NISSAN RENAULT SUZUKI tron コンセンサス ジュネーブ国際 トラック トレンド メーカー モーターショー 世界の自動車 世界の自動車メーカー 二酸化炭素 加盟各国 国際モーターショー 大手自動車メーカー 展示ブース 欧州議会 欧州連合

映像情報

撮影日
2019/03/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社V

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分49秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4