地方圏地価27年ぶり上昇 最高価格地点は銀座
本映像はログイン後にご覧いただけます

地方圏地価27年ぶり上昇 最高価格地点は銀座 国土交通省は19日、今年1月1日時点の公示地価を発表した。三大都市圏を除く地方圏は全用途平均が前年の横ばいからプラス0・4%となり、1992年以来27年ぶりに上昇に転じた。地方の中核的な4市(札幌、仙台、広島、福岡)をはじめとする主要都市で再開発や訪日客の増加に伴う不動産投資が活発化し、全体をけん引した。人口減少が進む地域では下落が続いており、二極化が鮮明となっている。最高価格地点は東京都中央区の「山野楽器銀座本店」で、1平方メートル当たり5720万円。〈映像内容〉公示地価の最高価格地点の東京都中央区の「山野楽器銀座本店」の様子、撮影日:2019(平成31)年3月18日、撮影場所:東京都中央区

タグ 国土交通省 公示地価 地方圏 プラス0・4% 中核都市 札幌市 仙台市 広島市 福岡市 不動産投資 人口減少 二極化 最高価格地点 山野楽器銀座本店 三大都市 価格地点 山野楽器 最高価格 東京都中央区 用途平均 銀座本店

映像情報

撮影日
2019/03/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分54秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4