聖火トーチは桜のデザイン 仮設住宅のアルミ活用
本映像はログイン後にご覧いただけます

聖火トーチは桜のデザイン 仮設住宅のアルミ活用 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、五輪の聖火リレーで使うトーチを発表した。桜の花をデザインに取り入れて日本らしさを表現したほか、東日本大震災被災地の仮設住宅で使われたアルミサッシの廃材を使い、復興への願いを込めた。長さ71センチ、重さ1・2キロで、上部から見ると桜の花の形をしている。色は桜色と金色を合わせた「桜ゴールド」になった。使ったアルミのうち約3割は岩手、宮城、福島の被災3県の仮設住宅計824戸で使われていたもの。〈映像内容〉聖火リレーアンバサダーとして野村忠宏氏の入り、聖火リレーのトーチ発表、デザイナー吉岡徳仁さんと野村忠宏氏によるアンベール、フォトセッション、トーチ物撮りなど、撮影日:2019(平成31)年3月20日、撮影場所:東京都港区

タグ 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会 東京オリンピック 東京パラリンピック 聖火リレー トーチ 桜の花 デザイン 日本らしさ 東日本大震災被災地 復興五輪 仮設住宅 桜色 金色 桜ゴールド 野村忠宏 被災地 吉岡徳仁 アルミサッシ アルミ活用 アンバサダー アンベール ゴールド セッション デザイナー デザイナー吉岡徳仁 トーチ物 トーチ発表 パラリンピック パラリンピック組織委員会 フォトセッション 日本らし 東京都港区 東日本大震災 東日本大震災被災 桜のデザイン 組織委員会 聖火トーチ 聖火リレーアンバサダー

映像情報

撮影日
2019/03/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分06秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4