Louis IX known as St Louis (1215-70) a member of the Capetian dynasty
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

Louis IX known as St Louis (1215-70) a member of the Capetian dynasty Louis IX known as St Louis (1215-70) a member of the Capetian dynasty, king of France from 1226. In 1249 on the 6th Crusade Louis was captured and was ransomed in 1250. In 1270 embarked on the 8th Crusade and died of plague at Tunis. Copperplate engraving、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。 「Newscom」「ワールドヒストリー」

タグ Royalty French イラスト ルイ9世 セントルイス

画像情報

登録日時
1900/12/31 00:00:00
種別
画像 / 資料
提供元
ニューズコム

データサイズ

画像サイズ
2946×2050 pixel
解像度
400 dpi
展開サイズ※
17.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ