東京パラの聖火トーチも「桜」 都内で発表会
本映像はログイン後にご覧いただけます

東京パラの聖火トーチも「桜」 都内で発表会 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、パラリンピック聖火リレーのトーチを発表した。20日に発表した五輪トーチの色違いで、五輪の「桜ゴールド」よりもピンクが強い「桜ピンク」。パラリンピックの精神を表現する「勇気」「公平」など四つの言葉の点字を入れる。五輪トーチと同様、東日本大震災の仮設住宅のアルミ廃材を使っている。聖火リレーの日程も発表。来年8月13日から全国各地で元となる火を採り、21日に東京で集めて聖火とする。聖火は25日の開会式まで都内を巡る。18~21日には競技会場のある静岡、千葉、埼玉の各県でもリレーを行う。共生社会の実現を理念に「新しいパートナーシップ」を体現するため、原則として初対面の3人が一組となり、1人1本トーチを持って走る。<映像内容>「東京2020パラリンピック聖火リレー記者発表会」の様子、組織委員会の森喜朗会長あいさつ、聖火リレーの広報を担う公式アンバサダーに就任した元パラリンピック射撃代表の田口亜希さんあいさつ、トーチデザイナー吉岡徳仁さんのトーク、トーチのアンベール(田口さん、吉岡さん、組織委アスリート委員で元バドミントン代表の池田信太郎さん)、フォトセッション、フォトセッション、質疑応答、トーチなどの物撮りなど、撮影日:2019(平成31)年3月25日、撮影場所:東京都港区 虎ノ門ヒルズ

タグ 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会 パラリンピック聖火リレー トーチ 五輪トーチ 桜ゴールド 桜ピンク パラリンピックの精神 勇気 公平 点字 東日本大震災 復興五輪 仮設住宅 アルミ廃材 聖火リレー 共生社会 射撃 田口亜希 トーチデザイナー 吉岡徳仁 池田信太郎 バドミントン 東京オリンピック 東京パラリンピック あいさつ アスリート アスリート委員 アンバサダー アンベール ゴールド セッション デザイナー デザイナー吉岡徳仁 トーチデザイナー吉岡徳仁 バドミントン代表 パラリンピック パラリンピック射撃 パラリンピック射撃代表 パラリンピック組織委員会 パラリンピック聖火リレー記者 パートナーシップ フォトセッション 会長あいさつ 全国各地 射撃代表 東京パラ 東京都港区 森喜朗会長 森喜朗会長あいさつ 競技会場 組織委員会 聖火トーチ 聖火リレー記者 聖火リレー記者発表会 虎ノ門ヒルズ 記者発表会 質疑応答

映像情報

撮影日
2019/03/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分25秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4