「新華社」任伯年の人物画大型特別展「妙筆伝神」、香港で開幕
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」任伯年の人物画大型特別展「妙筆伝神」、香港で開幕 清代末期の画家、任伯年(じん・ばくねん)の中国香港特別行政区で初となる人物画大型展覧会「妙筆伝神:中国美術館所蔵、任伯年人物画特別展」が20日、香港中文大学文物館で開幕した。同展では任伯年の優れた絵画作品82点が展示され、その中には未出版や未公開の作品も数多く含まれている。会期は8月18日まで。任伯年は19世紀の中国で最も影響力を持つ画家の一人で、上海で活躍した「海上画派」の先駆者でもある。東洋と西洋の特色が融合した作品を多く生み出した。今回の展覧会は作品の題材によって「古」「今」「雅」「俗」の4つの分野に分けられ、それぞれ歴史物語、写実画、趣のある暮らし、民俗的な吉兆などさまざまな角度から、任伯年が人物画分野で成し遂げた成果を表している。(記者/万后徳)<映像内容>清代末期の画家・任伯年の人物画大型展覧会の様子、撮影日:2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 香港 人物画大型展覧会 「妙筆伝神:中国美術館所蔵、任伯年人物画特別展」 清代末期 画家 任伯年 香港中文大学文物館 開幕 絵画 展示 芸術 「海上画派」 中国文化 じんばく 中国美術館 中国美術館所蔵 中国香港特別行政区 中文大学 中文大学文物 大型展覧 大型展覧会 大型特別展 大学文物 歴史物語 画家任伯 絵画作品 香港中文 香港中文大学 香港特別行政区

映像情報

撮影日
2019/03/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社V

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分31秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4