「新華社」ハノーバーメッセで輝く中国企業
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ハノーバーメッセで輝く中国企業 ドイツ・ハノーバーで5日まで開催されていた世界最大の産業見本市「ハノーバーメッセ2019」には、75の国・地域から6500社が出展した。うち、中国の出展企業が約4分の1を占め、開催国ドイツに次ぐ2番目の多さとなった。開催期間中、中国のスマート製造の品質が業界の高い関心を集めた。華為技術(ファーウェイ)、海爾(ハイアール)、中国中車集団、中国航天科工集団など一連の中国企業が、今年のメッセで輝きを放った「中国の代名詞」となった。ハイアールは、第5世代(5G)移動通信システムや人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの新興・最先端技術のインダストリアル・インターネット分野への革新的応用について、全面的に踏み込んだ展示を行った。ファーウェイとそのビジネスパートナーは、スマートサプライチェーン、無線化工場、IoT、ビッグデータ、5Gなどの分野に関する製品とソリューションを存分にアピールした。中国企業は全てこれまで常に、AI、5G、スマート製造を問わず、世界的な工業のデジタル化への転換に積極的に参加し、着実な能力構築を通じて豊富な経験を積んできた。スイスの産業用ロボット大手ABBグループのウルリッヒ·シュピースホーファーCEOは、中国はAI分野の「真の強国」であると率直に語った。(記者/連振、張遠、張毅栄、于躍、張家偉、李驥志、李萌、沈忠浩)<映像内容>「ハノーバーメッセ2019」の中国企業出展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ドイツ ハノーバー 産業見本市 「ハノーバーメッセ2019」 ハノーバーメッセ 中国企業 華為技術 ファーウェイ HUAWEI 海爾 ハイアール Haier 中国中車 CRRC 中国航天科工集団 CASIC ロゴマーク 5G 第5世代移動通信システム 人工知能 AI IoT IT 科学 技術 CISCO シスコシステムズ ABBグループ AI分野 CASIC CISCO CRRC HUAWEI Haier アピール インダストリアルインターネット インダストリアルインターネット分野 ウルリッヒ グループ サプライチェーン シュピースホーファー シュピースホーファーCEO スマート スマートサプライチェーン スマート製造 ソリューション デジタル化 ドイツハノーバー パートナー ビジネス ビジネスパートナー ビッグデータ モノのインターネット 世界最大 中国中車集団 中国企業出展 中国航天 出展企業 大手ABB 大手ABBグループ 新興最先端 新興最先端技術 最先端技術 産業用ロボット 産業用ロボット大手 産業用ロボット大手ABB 移動通信システム 能力構築 通信システム 開催国ドイツ 開催期間 革新的応用

映像情報

撮影日
2019/04/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分21秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4