「新華社」クアルコム、「CloudAI100」プロセッサーを2020年に発売
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」クアルコム、「CloudAI100」プロセッサーを2020年に発売 米半導体大手のクアルコムは現地時間9日、米カリフォルニア州サンフランシスコで「人工知能(AI)デー」イベントを開催し、スマートフォンやタブレットPC、その他モバイル機器向けのプロセッサー「Snapdragon」シリーズの665、730/730Gの3種類を発表した。同社はまた、クラウドコンピューティング市場への参入計画を明かし、同社初となるAI推論処理専用プロセッサー「CloudAI100」を発表した。同社のキース・クレシン上級副社長によると、このAI処理向けプロセッサーは2020年に発売する。7ナノメートル(nm)プロセスをベースに、データセンターへの応用を見込んでいる。プロトタイプを今年下期に公開する予定。また、クレシン氏はこの日、中国の次世代通信規格「5G」技術の発展ぶりを高く評価し、中国のハイテク企業と幅広い協力を展開していきたいと述べた。(記者/呉暁凌、葉在琪)<映像内容>米半導体大手のクアルコムが「人工知能(AI)デー」イベント開催の様子、撮影日:2019(平成31)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ 「人工知能デー」 AI IT 科学 技術 米半導体大手 クアルコム Qualcomm ロゴマーク スマートフォン タブレットPC プロセッサー 「Snapdragon」 AI推論処理専用プロセッサー 「CloudAI100」 AI処理 AI推論 AI推論処理 CloudAI Qualcomm Snapdragon イベント イベント開催 カリフォルニア州サンフランシスコ キースクレシン キースクレシン上級副社長 クラウドコンピューティング クラウドコンピューティング市場 クレシン タブレットPC データセンター ナノメートル ハイテク ハイテク企業 プロセス プロトタイプ モバイル モバイル機器 上級副社長 人工知能 人工知能デー 処理専用 処理専用プロセッサー 半導体大手 参入計画 専用プロセッサー 推論処理 推論処理専用 次世代通信 次世代通信規格 現地時間 米カリフォルニア州 米カリフォルニア州サンフランシスコ 米半導体 通信規格

映像情報

撮影日
2019/04/09
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分32秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4