パラのピクトグラム発表 20年東京大会、23種類
本映像はログイン後にご覧いただけます

パラのピクトグラム発表 20年東京大会、23種類 2020年東京パラリンピック開幕まで500日となった13日、大会組織委員会は競技種目を表す絵文字「ピクトグラム」23種類を発表。五輪と同じく、「アスリートの躍動感を魅力的に伝える」をテーマにデザイナーの廣村正彰さんらのチームが担当。視覚障害の競技には目隠しの絵を入れ、車いす競技も分かりやすくデザインした。〈映像内容〉雑観、車いすに乗った元パラリンピック射撃代表の田口亜希(たぐち・あき)さんとパラトライアスロンの谷真海(たに・まみ)選手がピクトグラムを紹介する様子、田口さんと谷選手の囲み、かるたのブツ撮りなど、撮影日:2019(平成31)年4月13日、撮影場所:東京都中央区

タグ 2020年東京パラリンピック ピクトグラム 五輪 アスリート 廣村正彰 元パラリンピック射撃代表 田口亜希 パラトライアスロン 谷真海 かるた たぐちあき デザイナー デザイン パラリンピック パラリンピック射撃 パラリンピック射撃代表 ピクトグラム発表 大会組織委員会 射撃代表 東京パラリンピック 東京パラリンピック開幕 東京大会 東京都中央区 競技種目 視覚障害 車いす競技

映像情報

撮影日
2019/04/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分55秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4