「新華社」洞庭湖畔、水稲·ザリガニ共生モデルが大盛況湖南省南県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」洞庭湖畔、水稲·ザリガニ共生モデルが大盛況湖南省南県 中国で大人気のザリガニ料理「麻辣小龍蝦」(マーラー・シャオロンシャー、ザリガニの辛子煮)は、各地の食通の忘れがたい一品であり、洞庭湖湖畔の湖南省南県の農家では、春のザリガニの活動時期を迎え、忙しさが増している。同県ではここ数年、稲とザリガニの共生モデルを打ち出している。水稲はザリガニに微生物など天然の餌をもたらし、ザリガニの排泄物は稲にとって良質な有機肥料となるため、化学肥料や農薬を効果的に抑制できる。水草が茂り、水が絶えず流動する環境で成長したザリガニは、肉厚で身がたっぷり詰まり味も良い。水と水田を効率的に活用できる共生モデルは、地元の村民の注目を集めている。都市部の飲食店に新鮮なザリガニを届けるため、南県の農民は通常午前2~3時に水揚げを行う。新鮮なザリガニが次々と市場に出回るようになると、現地の飲食店も忙しくなる。青年コックの郭傑(かく・けつ)さんは、食通たちの食欲を満たすため鉄鍋を上下に振り、ザリガニを炒め続ける。熱々の香ばしい香りが立ち込める。湖南省で最も人気のある「香辣蝦」(シャンラーシャー、エビの辛子ソース炒め)は味付けが重視され、湖南料理のコックは絶妙な火加減が求められる。十数年ザリガニを扱ってきた郭さんは自らの秘訣を持つ。青年コック郭傑さんプリプリした食感の秘訣は火加減です。油の温度が70~80度の時に食材を入れます。炒める時間は1分を超えてはなりません。そうすればプリプリの食感が楽しめます。(記者/程済安、史衛燕、周勉)<映像内容>中国のザリガニ料理「麻辣小龍蝦」、収穫や調理の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 ザリガニ 料理 「麻辣小龍蝦」 マーラー・シャオロンシャー 水稲 農家 農業 洞庭湖畔 コック郭 コック郭傑 ザリガニ共生 ザリガニ共生モデル ザリガニ料理 シャンラーシャー プリプリ プリプリした マーラーシャオロンシャー 共生モデル 化学肥料 有機肥料 洞庭湖湖畔 湖南料理 湖南省南県 盛況湖南省 盛況湖南省南県 辛子ソース 辣小龍蝦 青年コック 青年コック郭 麻辣小龍

映像情報

撮影日
2019/04/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
05分37秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4