「新華社」中国·中東欧諸国文化遺産フォーラム開催河南省洛陽
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国·中東欧諸国文化遺産フォーラム開催河南省洛陽 リトアニアやポーランド、ブルガリアなど中東欧の11カ国と中国の代表が10日、中国の古都、河南省洛陽市で「文化遺産と都市の発展」のテーマに基づいて、文化遺産の保護や協力をいかに促進していくかについて深い議論を行った。これは、中国国家文物局と河南省人民政府が主催した第2回「中国・中東欧諸国文化遺産フォーラム」の重要な構成部分として行われた。ここ数年、「一帯一路」構想のけん引、「16+1協力」の枠組みの推進の下、中国と中東欧諸国の文化遺産に関する交流や協力が良好な発展を見せている。文化財展の開催がますます活発になり、人の交流も緊密さを増し、枠組み構築が大きく進展した。フォーラムの日程は10日から12日まで3日間。出席した各国の専門家や研究者は、世界文化遺産の申請・管理、考古学研究、文化財保護などをテーマに、専門的な交流と対話を行い、中国と中東欧諸国の将来的な文化遺産分野について、いっそうの協力を模索、推進した。(記者/袁月明)<映像内容>第2回「中国・中東欧諸国文化遺産フォーラム」開催の様子、撮影日:2019(平成31)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 河南省 洛陽 第2回「中国・中東欧諸国文化遺産フォーラム」 中国国家文物局 河南省人民政府 一帯一路 中東欧諸国 文化遺産 国際交流 フォーラム フォーラム開催 フォーラム開催河南省 ブルガリア ポーランド リトアニア 世界文化遺産 中国中東欧 中国中東欧諸国 中国国家 中国国家文物 中東欧諸国文化遺産 人民政府 国家文物 文化財保護 文化遺産フォーラム 文化遺産フォーラム開催 文化遺産分野 枠組み構築 構成部分 河南省人民 河南省洛陽 河南省洛陽市 申請管理 考古学研究 諸国文化遺産 諸国文化遺産フォーラム 開催河南省 開催河南省洛陽

映像情報

撮影日
2019/04/10
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分27秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4