観光の供給側構造改革で全域観光の安定発展を後押し海南省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

観光の供給側構造改革で全域観光の安定発展を後押し海南省  13日、海南省三亜市の海棠湾(かいとうわん)にある三亜国際免税城。(小型無人機から)中国海南省はここ数年、観光の供給側構造改革のさらなる推進を主軸とし「点、線、面」を結合させ、全域観光(地域の各産業と観光業を融合させ経済社会の調和の取れた発展を目指す概念)の発展によってモデル省の建設を全面的に推進している。同省は豊かな海や森林などの自然資源を基に、省内観光の核心的競争力を着実に引き上げ、同省の特色に富む観光商品シリーズを構築している。2019年1~2月だけで、省全体の観光客数は前年同期比4・7%増の1616万4千人に達し、観光収入は同6・3%増の207億8千万元(1元=約17円)だった。(三亜=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国 海南省 観光 風景 景観 三亜市 海棠湾 三亜国際免税城 ドローン 空撮 夜景 中国海南省 亜国際免税 全域観光 前年同期 商品シリーズ 国際免税 小型無人機 後押し海南省 構造改革 海南省三亜市 省内観光 経済社会 観光収入 観光商品 観光商品シリーズ

画像情報

登録日時
2019/04/13 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2888×5397 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
44.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ