「新華社」防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ 中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。列車の安全性に対するイスラエル公安庁の要求は高く、同社は多くの研究開発を行った。列車全体は防爆設計を採用し、屋根部分には閉鎖式ドーム型カバーを使用して、爆発物が屋根に落下してもドームに沿って下に落ちるようにした。シャーシの鋼構造には非強磁性材料を採用し、爆発物の車両底部吸着を防ぐことができる。窓にも防爆ガラスを使用しており、石や火炎瓶の爆発による衝撃に耐えられるようになっている。同社はこのプロジェクトのために列車を開発したほか、ライトレール全車両の16年間の点検・メンテナンス業務を請け負っている。同社のライトレール列車製品は現在、オーストラリア、米国、シンガポールなどの20以上の国・地域に輸出されている。(記者/段続、張博宇)<映像内容>中車長春軌道客車が開発したテルアビブLRT用車両ラインオフの様子、撮影日:2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 長春 ラインオフ 防爆設計 イスラエル テルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクト テルアビブLRT用車両 開発 列車 ライトレール列車 中車長春軌道客車 交通 車内 イスラエルテルアビブ イスラエル公安庁 オーストラリア シャーシ シンガポール テルアビブ テルアビブLRT テルアビブライトレール テルアビブライトレールレッドライン トップクラス プラットホーム プロジェクト メンテナンス メンテナンス業務 メーカー ライトレール ライトレールレッドライン ライトレールレッドラインプロジェクト ライトレール列車製品 ライトレール路線 レッドライン レッドラインプロジェクト レッドライン路線 世界トップクラス 中車長春 中車長春軌道 中車長春軌道客車股份有限公司 会社NTA 公共輸送 公共輸送会社 列車製品 屋根部分 強磁性材料 点検メンテナンス 点検メンテナンス業務 研究開発 納入契約 車両メーカー 車両ラインオフ 車両納入 車両納入契約 軌道客車 軌道車両 軌道車両メーカー 輸送会社 輸送会社NTA 鉄道軌道 鉄道軌道車両 長春軌道 長春軌道客車 長春軌道客車股份有限公司 防爆ガラス 防護レベル

映像情報

撮影日
2019/04/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
544p
フレームレート
29.737fps
再生時間
01分35秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4