「新華社」第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの試験運用開始
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの試験運用開始 中国北京で開催される第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムのメディアセンターが23日、試験運用を開始した。メディアセンターは国家会議センターのE1、E2ホールにあり、総面積は1万1000平方メートル。完備した報道施設とサービスを提供する他、5Gネットワークによるフルカバーの実現など、さまざまな先進技術が導入されている。フォーラムには4100人余りの記者が登録しており、うち1600人程が中国本土以外のメディアの記者となっている。これ以外にも、最新の顔認証電子ロッカーも設置されている。記者も利用したが、非常に便利で安心だと感じた。センター内の景観デザインにはシルクロード文化が色濃く反映され、関連絵画、装飾が飾られ、施されているだけでなく、各種メディアやLEDスクリーンを利用した「一帯一路」建設の成果展示もある。また、無形文化遺産の伝承者による中国画、宮花(花の形のアクセサリー)、彩絵(壁などに描く装飾画)、軟陶(ポリマークレイ)製作の実演も行われる。(記者/王普、王修楠)<映像内容>第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの様子、撮影日:2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京 開催 第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラム メディアセンター 一帯一路 試験運用 国家会議センター 5Gネットワーク 先進技術 IT 科学 技術 中国聯通 チャイナユニコム 顔認証電子ロッカー LEDスクリーン アクセサリー サミット サミットフォーラム サミットフォーラムメディア サービス シルクロード シルクロード文化 スクリーン センター ネットワーク フォーラム フォーラムメディア フォーラムメディアセンター ポリマークレイ メディア ロッカー 中国北京 中国本土 会議センター 各種メディア 国家会議 国際協力 国際協力サミット 国際協力サミットフォーラム 報道施設 成果展示 景観デザイン 無形文化遺産 試験運用開始 認証電子 認証電子ロッカー 運用開始 関連絵画 電子ロッカー 顔認証電子

映像情報

撮影日
2019/04/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分52秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4