「新華社」ロボカップチャイナオープン2019浙江省紹興市で閉幕
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ロボカップチャイナオープン2019浙江省紹興市で閉幕 国際的なロボット競技大会、ロボカップ(RoboCup)チャイナオープン2019が21日、中国浙江省紹興市柯橋(かきょう)区で閉幕した。4日間にわたった大会には、清華大学、国防科技大学、浙江大学などから500以上の代表チーム、3千人の教師と生徒が参加し、ロボットによるサッカーやレスキュー、ヒューマノイドロボット(人間型ロボット)の短編映画、格闘など、さまざまな競技で技術を競い合った。会場では自律ロボットによるサッカー競技が最も人気を集めていた。競技場では高さわずか58センチのロボットが、5台を1チームとし、赤と青の2チームに分かれて試合を行った。試合が始まると人間による操作は全て禁止され、ロボットが事前に設定した戦略とソフトウエアによる試合分析によって、自らの力で判断と決定を下す。ロボカップチャイナオープンは、中国で最も影響力と権威のある学術コンテストの一つで、ロボットと人工知能(AI)テクノロジーのイノベーション、学術交流および高度人材の育成を目的に、1999年から20回開催されてきた。今回の大会で優秀な成績を納めた参加者は、中国代表として6月にオーストラリアで開催される世界大会に参加する。(記者/朱涵)<映像内容>ロボットによるサッカーの試合の様子、撮影日:2019(平成31)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 浙江省 紹興市 ロボカップ RoboCup ロボカップチャイナオープン2019 ロボット IT 科学 サッカー 自律ロボット 人工知能 AI テクノロジー RoboCup イノベーション オーストラリア コンテスト サッカー競技 ソフトウエア チャイナオープン ヒューマノイド ヒューマノイドロボット レスキュー ロボカップチャイナオープン ロボット競技 ロボット競技大会 世界大会 中国代表 中国浙江省 中国浙江省紹興市 人間型ロボット 代表チーム 国防科技 国防科技大学 学術コンテスト 学術交流 浙江大学 浙江省紹興市 浙江省紹興市柯 清華大学 短編映画 科技大学 紹興市柯 試合分析

映像情報

撮影日
2019/04/21
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分58秒
音声有無
なし
映像有無
あり
映像形式
mp4