広東省深圳税関、海外ごみ密輸グループを摘発
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 広東省深圳税関、海外ごみ密輸グループを摘発  広東省恵州市のプラスチック加工工場を捜査する深圳税関の捜査官。(3月22日に撮影)中国広東省深圳税関は23日、国外からの持ち込まれた固体廃棄物、いわゆる「輸入ごみ」に対する取り締まりプロジェクト「ミッション2019-4」を数日間にわたって展開し、密輸に関係した3グループを摘発したことを明らかにした。これまでの調査によると、廃プラスチック輸入ごみは計2400万トンに上る。(深圳=新華社配信/深圳税関提供)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:深圳税関/新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 広東省 深圳税関 廃棄物 「輸入ごみ」 取り締まり 「ミッション2019-4」 密輸 摘発 廃プラスチック 海外ごみ密輸グループ 廃プラスチック加工工場 ごみ密輸 ごみ密輸グループ グループ プラスチック プラスチック加工 プラスチック加工工場 プラスチック輸入 プラスチック輸入ごみ プロジェクト ミッション 中国広東省 中国広東省深圳 加工工場 取り締まりプロジェクト 固体廃棄物 密輸グループ 広東省恵州 広東省深圳 広東省深圳税関 廃プラスチック加工 廃プラスチック輸入 海外ごみ 海外ごみ密輸 輸入ごみ

画像情報

登録日時
2019/03/22 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3744×5616 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
60.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ