「新華社」エコ理念で竹林の涼しさ提供北京園芸博INBAR園
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」エコ理念で竹林の涼しさ提供北京園芸博INBAR園 2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)はこのほど、北京市延慶区で一般公開が始まった。会場内の国際竹籐ネットワーク(INBAR)園には高さ7メートル、円柱形の屋外エコ装置「編竹聴風」エアタワーがある。主に竹材とソーラーパネルでできており、通気カーテンウォール、太陽光エネルギーと風力エネルギーを組み合わせることで、風通しの良い通気層を作り出す。夏でも内部はとても涼しく、INBARのエコの理念が受け継がれている。空気の木は主に来場者の屋外休憩スペースや体験スペースとして提供され、竹のパーツを組み合わせた美しさを楽しむことができる。新鮮な空気の循環で生み出された涼しい風はまるで竹林の中にいるようで、環境保護を実際に体験できる。(記者/姜賽)<映像内容>北京園芸博の屋外エコ装置「編竹聴風」エアタワー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 北京市 延慶区 一般公開 2019年中国北京国際園芸博覧会 北京園芸博 国際竹籐ネットワーク園 INBAR園 屋外エコ装置「編竹聴風」エアタワー 竹材 ソーラーパネル エコ理念 環境保護 体験 INBAR エアタワー エコ装置 エネルギー カーテンウォール スペース ネットワーク 中国北京 中国北京国際園芸博覧会 休憩スペース 体験スペース 北京国際園芸博覧会 北京園芸 北京市延慶区 国際園芸博覧会 国際竹籐 太陽光エネルギー 屋外エコ 屋外エコ装置 屋外休憩 屋外休憩スペース 竹籐ネットワーク 籐ネットワーク 通気カーテンウォール 風力エネルギー

映像情報

撮影日
2019/05/09
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分00秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4