「新華社」5Gスマート工場が稼働湖北省武漢市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5Gスマート工場が稼働湖北省武漢市 中国湖北省武漢市にある第5世代移動通信システム「5G」スマート工場は、中国信科集団武漢虹信と中国移動湖北が共同で設立した5Gイノベーションラボで、中国初の5Gスマート生産ラインがここで稼働している。同工場は以前、華中地域で最大規模かつ自動化が最も進んだ無線製品製造拠点だった。工場建設後、「5G無線+5GMEC+モバイルクラウドコンピューティング」のネットワークモデルを導入し、ポイントツーポイント接続やデータのクラウド化、横方向の多工場間協力、縦方向のサプライチェーン相互接続を実現し、5Gに基づくオペレーション制御により、工場のスマート化管理が可能となり、生産効率は建設前から30%以上向上した。武漢市は中国初の5Gネットワークの試行都市として、昨年には工業・情報化部が重点プロジェクトである5G大規模技術試験を開始しており、既に100カ所規模の5G試験ネットワークを構築。5Gネットワーク技術とネットワーク構築方法の全シーンにおける試験を完了している。(記者/余国慶、饒饒、喻珮)<映像内容>5Gスマート工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 湖北省 武漢市 5Gスマート工場 第5世代移動通信システム 5G IT 科学 技術 中国信科集団武漢虹信 中国移動湖北 5Gイノベーションラボ 5Gスマート生産ライン GMEC イノベーション イノベーションラボ オペレーション オペレーション制御 クラウド クラウドコンピューティング サプライチェーン サプライチェーン相互 サプライチェーン相互接続 スマート スマート化 スマート化管理 スマート工場 スマート生産 スマート生産ライン ネットワーク ネットワークモデル ネットワーク技術 ネットワーク構築 ネットワーク構築方法 プロジェクト ポイントツーポイント ポイントツーポイント接続 モバイル モバイルクラウドコンピューティング 中国湖北省 中国湖北省武漢市 中国移動 大規模技術 大規模技術試験 工場建設 工業情報化 技術試験 最大規模 構築方法 武漢虹信 湖北省武漢市 無線製品 無線製品製造 生産ライン 生産効率 相互接続 稼働湖北省 稼働湖北省武漢市 華中地域 製品製造 製品製造拠点 製造拠点 試行都市 試験ネットワーク 重点プロジェクト 集団武漢 集団武漢虹

映像情報

撮影日
2019/05/08
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
23.976fps
再生時間
01分42秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4