「新華社」5G技術が生産分野の質と効率の向上を支援
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5G技術が生産分野の質と効率の向上を支援 中国福建省福州市で6日から始まった第2回デジタル中国建設サミットでは、第5世代移動通信システム(5G)が議論の焦点となっている。5G技術は消費分野での活用の他、製造業関連分野と絶えず融合し、製造業の構造転換と高度化に活力を与えている。5Gは港湾の生産効率を高める。中国移動福建分公司は現在、アモイ港務集団向けに5Gネットワークに基づく「スマート港湾」プロジェクトの設計を進めている。港湾の生産環境の特徴は、自動化制御や画像伝送の需要が極めて高く、同集団傘下の外輪理貨は現在、モバイル4Gネットワークを通じ、埠頭のクレーン作業データや画像を送っているが、4Gネットワークでは100~200ミリ秒以上のタイムラグが発生している。今後5Gネットワークが完成すれば、作業効率が大幅に向上する。この技術は空港内物流や宅配物流などの分野でも活用されている。5G技術は電力の巡回点検や検査、修理でも高い運用メリットがある。5G技術はモノのインターネット(IoT)や産業自動化制御、物流追跡、工業向けAR、クラウドロボティクスなどの生産分野でも幅広く活用され、工業の質と効率の向上を後押ししている。(記者/郭圻)<映像内容>第2回デジタル中国建設サミット開催、5G技術運用の様子、撮影日:2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国 福建省 福州市 第2回デジタル中国建設サミット 第5世代移動通信システム 5G IT 科学 技術 中国移動福建分公司 アモイ港務集団 「スマート港湾」プロジェクト 生産環境 外輪理貨 埠頭 クレーン作業データ 物流 IoT インターネット 生産分野 クラウドロボティクス クレーン クレーン作業 サミット サミット開催 スマート スマート港湾 タイムラグ デジタル デジタル中国 デジタル中国建設 ネットワーク プロジェクト メリット モノのインターネット モバイル 中国建設 中国建設サミット 中国福建省 中国福建省福州市 中国移動 中国移動福建 作業データ 作業効率 宅配物流 巡回点検 建設サミット 建設サミット開催 技術運用 構造転換 消費分野 物流追跡 生産効率 産業自動化 産業自動化制御 画像伝送 福建分公司 福建省福州市 自動化制御 製造業関連 製造業関連分野 運用メリット 関連分野 集団傘下

映像情報

撮影日
2019/05/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
50fps
再生時間
03分33秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4