「新華社」四川省の製造業界、産業用ロボットの活用を加速
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」四川省の製造業界、産業用ロボットの活用を加速 中国四川省の製造業界では、産業用ロボットの活用を加速させており、人里離れた土地にある企業でも、人間の作業を代行する産業用ロボットを積極的に活用している。同省眉山市青神県にある四川徳恩精工科技は、米国や日本、欧州などの工業規格に基づいて機械部品を生産する企業で、米国、日本など40カ国余りに製品を輸出している。同社の謝竜徳(しゃ・りょうとく)副総経理は「産業用ロボット、モノのインターネット(IoT)設備、クラウドデータプラットフォームなどの新技術を活用しており、現在、200台余りの産業用ロボットが稼働している」と述べた。四川丹甫環境科技は冷媒コンプレッサーを生産する企業で、同社の張志強(ちょう・しきょう)総経理補佐は「ドイツ、日本、米国から産業用ロボットを導入し、生産のスマート化を加速させている」と紹介した。四川省は現在、ハイエンドNC工作機械や産業用ロボット、3Dプリント、スマート物流、スマート組立などの基幹技術と設備の独自研究開発を重点的に進めている。(記者/陳健)<映像内容>産業用ロボットの稼働の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 NACHI 不二越 NACHI NC工作機械 ちょうし りょうとく クラウドデータプラットフォーム コンプレッサー スマート スマート化 スマート物流 スマート組立 ハイエンド ハイエンドNC ハイエンドNC工作機械 モノのインターネット 中国四川省 丹甫環境 丹甫環境科技 冷媒コンプレッサー 同省眉山市 同省眉山市青神県 四川丹甫 四川丹甫環境 基幹技術 川徳恩精 工作機械 工業規格 恩精工科 機械部品 独自研究 独自研究開発 環境科技 産業用ロボット 眉山市青神県 総経理補佐 製造業界

映像情報

撮影日
2019/05/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分02秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4