松漑古鎮を訪ねて重慶市永川区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

松漑古鎮を訪ねて重慶市永川区  14日、松漑古鎮で撮影した2匹の子犬。中国重慶市永川区南部に位置する松漑(しょうがい)古鎮は長江を隔てて同市江津区石蟆(せきば)鎮と向かい合っており、明清時代に水運が発達し、商人が集まる重要な物資集散地となった歴史を持つ。同鎮は2008年末、第4期国家級歴史文化名鎮に選ばれた。永川区は近年、優遇政策を実施することで民間資金を古鎮観光スポットの保存修理に導入する取り組みを進め、松漑古鎮の知名度と人気の向上につなげている。(重慶=新華社記者/王全超)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 動物 生き物 中国重慶市 中国重慶市永川区 保存修理 優遇政策 取り組み 同市江津区 明清時代 歴史文化 民間資金 永川区南部 物資集散 観光スポット 重慶市永川区 重慶市永川区南部 鎮観光スポット

画像情報

登録日時
2019/05/14 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2677×4000 pixel
解像度
300 dpi
展開サイズ※
30.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ