李相花引退、小平にエール 〝自然体〟促し長野訪問も
本映像はログイン後にご覧いただけます

李相花引退、小平にエール 〝自然体〟促し長野訪問も スピードスケートの小平奈緒のライバルで、2010年と14年の冬季五輪で2大会連続の金メダルを獲得した韓国の李相花(30)が16日、ソウルで記者会見し、現役引退を表明した。小平には「トップの座を守るため頑張りすぎるのではなく、これまでやってきた通りにやればいい」と自然体で臨むようエールを送った。18年の平昌冬季五輪では、2位となり涙ぐむ李に、優勝した小平が寄り添ってねぎらい、抱き合った場面が日韓ファンの感動を呼んだ。<映像内容>李相花さん入り、フォトセッション、花束贈呈、あいさつ、涙を拭く李さん、記者会見場雑観、「国民みなさんが少しでもわたしの良い姿で記憶してもらえるタイミングで選手生活を締めくくりたいです。氷上の女帝(※発言ママ)と呼んでくれた、最高の姿でおぼえていてくれたらありがたいです。スケート選手としての生活は今日でおしまいですが、国民の皆さんから受けた愛に報いられるように、個人として努力していきます」などと話す李さん、会場雑観、小平奈緒選手について話す李さん、撮影日:2019(令和元)年5月16日、撮影場所:ソウル市内 ※写真を切り出して静止画として使用することはできません

タグ オリンピック スピードスケート 小平奈緒 ライバル 2010年 2014年 冬季五輪 2大会連続 金メダル 韓国 李相花 ソウル 現役引退 トップの座 自然体 エール 2018年 平昌冬季五輪 氷上の女帝 スケート選手 あいさつ おしまい スケート セッション ソウル市内 タイミング フォトセッション 会場雑観 大会連続 小平奈緒選手 日韓ファン 李相花引退 発言ママ 花束贈呈 選手生活 長野訪問

映像情報

撮影日
2019/05/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
02分08秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4