標高5200メートルのチョモランマ北側ベースキャンプを訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

標高5200メートルのチョモランマ北側ベースキャンプを訪ねて  4月26日、ベースキャンプ付近から空撮したチョモランマ。中国チベット自治区チョモランマ峰国家級自然保護区の中心エリアに位置する世界最高峰のチョモランマの中国側ベースキャンプは、標高約5200メートルの場所にあり、世界各国の登山家の登頂の拠点となっている。登山隊が利用するにはチベット体育行政管理部門が発行した登山許可証が必要で、一般の観光客が立ち入ることはできない。同ベースキャンプは季節限定で、毎年4月初めに登山期が始まると設置され、5月下旬の登山期終了後に閉鎖される。(ラサ=新華社配信/孫非)=2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 風景 景観 したチョモランマ チベット チベット体育 チベット体育行政 チベット自治区 チベット自治区チョモランマ チョモランマ チョモランマ北側 チョモランマ北側ベースキャンプ ベースキャンプ ベースキャンプ付近 世界各国 世界最高峰 中国チベット自治区 中国チベット自治区チョモランマ 中国側ベースキャンプ 中心エリア 体育行政 体育行政管理部門 北側ベースキャンプ 季節限定 登山許可証 空撮した 空撮したチョモランマ 管理部門 自然保護区 行政管理部門

画像情報

登録日時
2019/04/26 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3078×5472 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
48.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ