ベルリンの博物館島を訪ねて
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 ベルリンの博物館島を訪ねて  17日、ベルリンの博物館島にある旧博物館。ドイツの首都ベルリンを流れるシュプレー川の中州北側は、旧博物館や新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館などの著名な博物館や美術館が集中しており、「ムゼウムスインゼル(博物館島)」と呼ばれている。その起源は1797年にさかのぼる。これらの博物館は先史時代から20世紀に至る文化財や芸術品を収蔵しており、島全体がベルリン、ひいてはドイツにおける「文化の宝庫」といえる。1999年にはユネスコの世界文化遺産に登録されている。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 文化 外観 風景 街並み シュプレー川 ベルリン ペルガモン ペルガモン博物館 ボーデ博物館 ムゼウムスインゼル ユネスコ 世界文化遺産 中州北側 先史時代 博物館島 新博物館 旧博物館 旧国立美術館 首都ベルリン

画像情報

登録日時
2019/05/17 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3458×5276 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
52.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ