「新華社」科学調査船「海洋6号」、深海探査の任務終え帰還広州
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」科学調査船「海洋6号」、深海探査の任務終え帰還広州 中国の科学調査船「海洋6号」が16日、2019年深海探査の共同航行任務を終え、広東省広州市に帰還した。複数機関のプロジェクト協力実施により、合同調査での新たな展開を実現した。今回の任務は、中国地質調査局が企画・実施した大規模深海探査の合同調査。航行期間は36日間で、航行距離は3千カイリ以上、18の関連機関、111人の科学技術者(科学技術関係の乗組員29人を含む)が参加した。共同航行科学調査では、中国製大型調査設備の試験運用を実現した。科学技術者は航海期間中、深海熱水観測を行う水深4500メートル級の自律型無人潜水器(AUV)「探索4500」の試験運用や、多くの独自開発深海設備の標準化に向けた海中試験を行った。(記者/王攀)<映像内容>深海探査の様子、撮影日:2019(令和元)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 生き物 海洋生物 深海生物 プロジェクト プロジェクト協力 プロジェクト協力実施 中国地質調査 中国製大型 中国製大型調査 企画実施 協力実施 合同調査 地質調査 大型調査 大型調査設備 大規模深海 大規模深海探査 帰還広州 広東省広州市 海中試験 深海探査 深海熱水 深海熱水観測 深海設備 無人潜水 熱水観測 科学技術 科学技術関係 科学調査 科学調査船 航海期間中 航行任務 航行期間 航行科学 航行科学調査 航行距離 複数機関 試験運用 調査設備 開発深海 開発深海設備 関連機関

映像情報

撮影日
2019/05/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分25秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4