「新華社」杭州アジア競技大会初の特別切手を発表
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」杭州アジア競技大会初の特別切手を発表 2022年杭州アジア競技大会の初めての特別切手がこのほど、中国浙江省杭州市西湖の涌金公園で正式に発表され、同大会記念切手計画が正式に始動した。同切手セットは全国に向けて初めて発行されるAR(拡張現実)技術を搭載した特別切手である。「賦能亜運」アプリか支付宝(アリペイ)のスキャン機能を使い、仮想の映像とスマートフォンのカメラによる実際の映像を組み合わせ、AR技術や画像識別、リアルタイム追跡、リアルタイム配信、映像融合技術により、立体仮想映像を切手の上に作り出すことで、切手との「会話」を実現した。同大会組織委員会は、中国郵政集団公司と共同で2019~2022年に一連のシリーズ切手や関連製品を続々と発行していくとしている。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>2022年杭州アジア競技大会の特別切手発売、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 QRコード AR技術 QRコード アジア競技大会 アリペイ シリーズ切手 スキャン スキャン機能 スマートフォン リアルタイム リアルタイム追跡 リアルタイム配信 中国浙江省 中国浙江省杭州 中国郵政 中国郵政集団 中国郵政集団公司 仮想映像 切手セット 切手発売 大会組織委員会 大会記念切手 大会記念切手計画 拡張現実 映像融合 映像融合技術 杭州アジア競技大会 浙江省杭州 涌金公園 画像識別 立体仮想 立体仮想映像 融合技術 記念切手 記念切手計画 関連製品 集団公司

映像情報

撮影日
2019/05/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分47秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4