「新華社」「昆虫農場」で食品廃棄物処理杭州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「昆虫農場」で食品廃棄物処理杭州市 中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」があり、年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス処理難を解消できる。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくった。「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と述べた。初春になり、アメリカミズアブの卵がかえり、12~14日間でさなぎになる。2週間足らずで、幼虫の重さは2千倍以上増える。この2千倍以上の増加は食品廃棄物を食べたことによるものだ。1キロのアメリカミズアブの幼虫では4キロの食品廃棄物の処理が可能だ。廃棄物の一括減量化は80%以上にのぼる。幼虫と排泄物は環境にやさしい有機肥料に加工して市場で販売できる。張副教授によると、アメリカミズアブの成虫はハエと幾分似ているが、動くことが好きではなく、あまり食べず、寿命が2週間ぐらいで、病原微生物は寄せ付けない。張副教授は浙江大と崇賢街道から支援を受け、2016年に昆虫農場を立ち上げた。3年後、敷地が数ムー(15ムー=1ヘクタール)のこの小さな農場は1日12トン前後の食品廃棄物を処理できるようになり、ほぼ崇賢街道の18万人の食品ロス問題を解決した。昆虫農場は2018年、乾燥アメリカミズアブと有機肥料の売上高が100万元(1元=約17円)に達した。昆虫農場は、食品廃棄物の資源化処理問題を解決するだけでなく、人気の環境保護教育実践基地にもなった。参観者は小学生から大学生まで、年間300人を超える。「見学を終え、昆虫農場を出た子供たちが小さいころからゴミ分別、環境保護の意識を確立することを期待する」と、張副教授は述べた。(記者/朱涵、顧小立、宋立峰)<映像内容>昆虫によって食品廃棄物を処理する施設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 生き物 生態 環境 ちょうし アメリカミズアブ ゴミ分別 一括減量 中国浙江省 中国浙江省杭州市 乾燥アメリカミズアブ 余杭区崇 余杭区崇賢 子供たち 実践基地 崇賢街道 廃棄物処理 廃棄物処理杭州市 教育実践 教育実践基地 昆虫農場 有機肥料 杭州市余杭区 杭州市余杭区崇 浙江大学 浙江大学環境 浙江大学環境資源 浙江省杭州市 浙江省杭州市余杭区 環境保護 環境保護教育 環境保護教育実践 環境資源 環境資源学院 病原微生物 資源学院 農場経営者 食品ロス 食品ロス処理 食品廃棄 食品廃棄物処理 食品廃棄物処理杭州市

映像情報

撮影日
2019/05/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分28秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4