「新華社」深圳税関、象牙などの絶滅危惧種とその製品2千点を押収
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」深圳税関、象牙などの絶滅危惧種とその製品2千点を押収 中国広東省深圳税関は25日、同税関が今年に入り合計32件の絶滅危惧種密輸事件を立件・処分し、象牙などの絶滅危惧種とその製品累計2556点を発見、押収したと発表した。深圳税関密輸取締局は3月7日、象牙などの絶滅危惧種とその製品の密輸を取り締まる特別活動「ミッション2019-3」を実施。広東省深圳市や江蘇省無錫市、上海市などで一斉取り締まりを実施し、密輸の疑いがある象牙やサイの角、赤サンゴなどの絶滅危惧種とその製品約千点を現場で押収、総重量は209キロを上回った。その中には重さ約28・28キロの象牙2本やサイの角製品12・8キロ、赤サンゴ6・9キロなどが含まれ、容疑者10人を逮捕した。2016年以降、中国は象牙やその製品の加工・販売を全面的に停止し、象牙取引を全面的に禁止している。社会各界は絶滅危惧動植物の保護問題に幅広い関心を示しており、絶滅危惧動植物とその製品の販売に対する取り締まりが絶えず強化されている。だが高額の利益に駆り立てられた一部の密輸業者は、リスクを冒してまで、法律に違反している。深圳税関は今後について、監督管理を強化し、スマートシステムを活用する他、深圳市や恵州市の地方部門との意思疎通を深め、公安・市場監督管理・郵政などの部門と共同で長期的効果のある警備コントロール協力体制を構築し、絶滅危惧種の密輸を厳しく取り締まっていくと表明した。(記者/王暁丹、王豊)<映像内容>深圳税関が押収した象牙などの製品、撮影日:2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 彫刻 麻雀牌 コントロール コントロール協力 コントロール協力体制 システム スマート スマートシステム ミッション 中国広東省 中国広東省深圳 公安市場 公安市場監督 加工販売 協力体制 危惧動植物 取り締まり 地方部門 密輸事件 密輸取締 密輸業者 市場監督 市場監督管理 広東省深圳 広東省深圳市 広東省深圳税関 意思疎通 江蘇省無錫市 深圳税関 深圳税関密輸 特別活動 監督管理 監督管理郵政 社会各界 税関密輸 税関密輸取締 立件処分 管理郵政 絶滅危惧 絶滅危惧動植物 絶滅危惧種 絶滅危惧種密輸 絶滅危惧種密輸事件 製品累計 警備コントロール 警備コントロール協力 象牙取引 赤サンゴ 長期的効果

映像情報

撮影日
2019/05/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分18秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4