「新華社」世界遺産の文化財保護新疆·キジル石窟
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」世界遺産の文化財保護新疆·キジル石窟 初夏を迎え、中国新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県キジル郷にあるキジル石窟は観光シーズンを迎えた。キジル石窟は3世紀に建設が始まり、同地一帯で栄えた亀茲(きじ)国の仏教芸術の発展を垣間見ることができる。山のさらに奥地では、文化財保護を手掛ける職員が現在、損壊の危機にひんしている壁画の補強を行っている。世界文化遺産に登録されているキジル石窟は、現時点で中国最古の大型仏教石窟寺院遺跡であり、349の洞窟が残存している。キジル石窟芸術の際立った業績であり、壁画は独創性と多様性を併せ持ち、面積は約1万平方メートルに及ぶ。新疆亀茲研究院はここ20年余りで「亀茲石窟文物保護実験室」「壁画保護修復センター」「キジル石窟環境モニタリングセンター」を相次いで設立し、石窟保護作業は、監視による見守り型の保護から科学的保護による発展の道へと急速に移行した。(記者/阿曼、李志浩、張暁竜)<映像内容>キジル石窟の風景、壁画補強の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 壁画 風景 歴史 文化 アクス地区 アクス地区バイ キジル石窟 キジル石窟環境 キジル石窟環境モニタリング キジル石窟芸術 キジル郷 シーズン センター バイ県キジル モニタリング モニタリングセンター 世界文化遺産 世界遺産 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区アクス 中国最古 亀茲石窟 亀茲研究 仏教石窟 仏教石窟寺院 仏教芸術 保護作業 保護修復 保護修復センター 保護実験室 保護新疆 修復センター 同地一帯 地区バイ 地区バイ県 壁画保護 壁画保護修復 壁画補強 大型仏教 大型仏教石窟 寺院遺跡 文化財保護 文化財保護新疆 文物保護 文物保護実験室 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区アクス 新疆ウイグル自治区アクス地区 新疆亀茲 環境モニタリング 環境モニタリングセンター 県キジル 県キジル郷 石窟保護 石窟保護作業 石窟寺院 石窟寺院遺跡 石窟文物 石窟文物保護 茲石窟文物 観光シーズン

映像情報

撮影日
2019/05/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分51秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4