「新華社」上海ニューヨーク大学、新キャンパス着工
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」上海ニューヨーク大学、新キャンパス着工 中国上海市にある中国と米国の大学が共同で運営する大学、上海ニューヨーク大学が30日、新キャンパスの着工を発表した。同市浦東新区の前灘国際ビジネスエリアに位置する新キャンパスは、2022年の竣工と運用開始を予定している。竣工後は、同区世紀大道にある現キャンパスから前灘新キャンパスに完全移転する。中国教育部は2012年、独立法人の資格を持つ中米大学共同運営の大学、上海ニューヨーク大学の設立を認可した。同校は、高等教育における中米協力のモデルケースとされている。同校には今年5月時点で、第6期までの学生が入学しており、学部生と大学院生1300人以上が在籍している。同校にはここ数年、80カ国・地域の学生が入学し、在校生の49%を留学生が占める。うち、6割は米国、残り4割の大部分が「一帯一路」沿線諸国・地域からの留学生となっている。同校は学生数の増加に伴い、教育内容が充実し、卒業生や教員の社会的影響力も強まっていることから、さらに大きな国際的なキャンパスが必要となり、上海市と浦東新区の支援を受けて前灘新キャンパスを建設、移転することになった。同日着工した前灘新キャンパスは、上海陸家嘴集団が開発を請け負う。建築面積は11万平方メートルを超え、運用開始後は最大4千人の学部生と大学院生が、この場所で学ぶようになる。(記者/許暁青、岑志連、孫青)<映像内容>上海ニューヨーク大学の新キャンパス着工発表の様子、撮影日:2019(令和元)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 教育 キャンパス キャンパス着工 キャンパス着工発表 ニューヨーク大学 ビジネス ビジネスエリア モデルケース 一帯一路 上海ニューヨーク大学 世紀大道 中国上海市 中国教育部 中米協力 中米大学 中米大学共同運営 共同運営 同区世紀 同区世紀大道 同市浦東新区 国際ビジネス 国際ビジネスエリア 大学共同運営 大学院生 建築面積 教育内容 沿線諸国 沿線諸国地域 浦東新区 灘国際ビジネス 独立法人 着工発表 社会的影響力 諸国地域 運用開始 高等教育

映像情報

撮影日
2019/05/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分32秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4