「新華社」伝統行事「端午節」を前に賑わう嘉陵江四川省蓬安県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」伝統行事「端午節」を前に賑わう嘉陵江四川省蓬安県 中国四川省南充市の蓬安(ほうあん)県寒中水泳協会は2日午前、同県を流れる嘉陵江(かりょうこう)で、年に一度の水中竜舞(りゅうまい)や「搶鴨子」(チャンヤーズ、アヒルを奪い合う競技)などの伝統的な民俗行事を行い、間もなく迎える端午節(旧暦5月5日、今年は6月7日)を祝い、国の安泰と人々の平安を祈った。蓬安県の水中竜舞は千年以上の歴史を持つと言われている。伝説によると、旧暦の8月が来るたびに「旱魃(かんばつ)」という名の怪物が同地に現れ、少雨や干害などの災いをもたらしていた。地元の人々は、水竜が旱魃を河川から追い払い、雨や風を呼び、恵みの雨を降らせることで干ばつを和らげ、農作物が豊作になるよう祈った。「搶鴨子」は昔、地元の裕福な家が屈原(くつげん、中国戦国時代の楚の政治家、詩人)を偲び、また、全力で戦ったドラゴンボートの漕ぎ手をねぎらうために、買ってきたアヒルを試合終了後に川に投げ込み、それを漕ぎ手たちが奪い合ったのが、始まりとされている。それが次第に娯楽と競技を兼ねた民俗行事に変わっていったという。(記者/薛晨)<映像内容>間もなく迎える端午節を祝う伝統行事の様子、撮影日:2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 伝統文化 かんばつ くつげん チャンヤーズ ドラゴンボート 中国四川省 中国四川省南充市 中国戦国時代 伝統行事 嘉陵江四川省 嘉陵江四川省蓬安県 四川省南充市 四川省蓬安県 寒中水泳 寒中水泳協会 恵みの雨 戦国時代 民俗行事 水中竜舞 県寒中水泳 県寒中水泳協会 試合終了後

映像情報

撮影日
2019/06/02
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
544p
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分48秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4