「新華社」次世代制御核融合研究装置の据え付け開始四川省成都市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」次世代制御核融合研究装置の据え付け開始四川省成都市 中国四川省成都市で5日、トカマク型の次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」(HL-2M)の据え付けが始まった。中国核工業集団傘下の核工業西南物理研究院が建造する同装置は、核融合炉のコア技術を研究するための重要なプラットフォームとなる。核融合反応によるエネルギー発生の原理は、太陽が発光、発熱する仕組みと似ているため、クリーンエネルギーの探求を目的とする制御核融合研究装置は「人工太陽」とも呼ばれる。同装置の核心的な部品の一つである本体コイルシステムは、中心の柱の総重量が約90トン。製造が難しいだけでなく、強い衝撃荷重下で運用寿命10万回以上が求められるという。同研究院の劉永(りゅう・えい)院長は、「中国還流器2号M」は国内の同種の装置と比べると規模もパラメーターも大きく、より先進的な構造と制御方式を採用しており、プラズマ温度は2億度を超えるだろうと説明。国際熱核融合実験炉(ITER)の関連する実験と運用や、将来的な国産核融合炉の設計・建造に重要な技術的サポートを提供することになると述べた。同装置の本体コイルシステムは同日午後、製造を担当した東方電気集団傘下の東方電機から引き渡され、華西集団傘下の四川省工業設備安装が全面的な据え付け工事を開始した。(記者/李華梁、謝佼)<映像内容>次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」据え付け開始、撮影日:2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 科学 技術 ITER りゅうえい エネルギー エネルギー発生 クリーン クリーンエネルギー コア技術 コイルシステム サポート システム トカマク型 パラメーター プラズマ プラズマ温度 プラットフォーム 中国四川省 中国四川省成都市 中国核工業 中国還流 人工太陽 制御方式 制御核融合 制御核融合研究 同日午後 四川省工業 四川省工業設備 四川省成都市 国産核融合 工業西南 工業西南物理 工業設備 工業集団 工業集団傘下 技術的サポート 据え付け 据え付け工事 据え付け開始 据え付け開始四川省 本体コイル 本体コイルシステム 東方電機 東方電気 東方電気集団 核工業西南 核工業集団 核融合反応 核融合実験 核融合研究 核融合研究装置 次世代制御 次世代制御核融合 物理研究 研究装置 華西集団 華西集団傘下 衝撃荷重 西南物理 西南物理研究 設計建造 運用寿命 開始四川省 開始四川省成都市 集団傘下 電気集団 電気集団傘下

映像情報

撮影日
2019/06/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
544p
フレームレート
29.443fps
再生時間
00分20秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4