「新華社」第11回海峡フォーラム、アモイで開催汪洋氏が出席
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」第11回海峡フォーラム、アモイで開催汪洋氏が出席 中国福建省アモイ市で16日、第11回海峡フォーラムが開かれ、汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席が出席し、あいさつした。汪洋氏は、習近平(しゅう・きんぺい)総書記が「台湾同胞に告げる書」発表40周年記念大会で行った重要演説は、海峡両岸(中国の大陸と台湾)で大きな反響を呼んでおり、両岸の政党、団体、人々の対話や協議が積極的に行われ、大陸で発展したいという台湾同胞の熱意がさらに高まっていると指摘。今回のフォーラムは、習近平総書記の重要演説発表後初めて行われた両岸同胞による大規模な行事で、新たな情勢の下で両岸の民間交流を拡大し、融合発展を深めるものだと述べた。汪洋氏はまた、両岸は経済の相互補完性が強く、互恵協力の実施には恵まれた条件があると強調。大陸経済は質の高い発展と高レベルの開放段階に向かっており、各種の良質な製品と良質なサービスに対するニーズは日増しに高まっているとし、両岸経済の交流と融合は大義であり、さらに大きな利益も有しているため、さらに接近しない理由はなく、絶対に接近することができると述べた。汪洋氏は、平和統一が両岸にとってコストが最も低く、同胞にとって最も幸福が多いと強調。平和統一の大きな余地を生み出したいが、「台湾独立」という分裂活動の余地を絶対に残さないとし、両岸同胞が手を携えて民族の大義を共に担い、「台湾独立」に断固反対し、美しい故郷を共に守らなければならないと訴えた。(記者/陳旺、郭圻)<映像内容>第11回海峡フォーラムの様子、撮影日:2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ あいさつ おうよう しゅうきん しゅうきんぺい サービス フォーラム 中国人民政治協商会議 中国共産党中央政治局常務委員 中国福建省 中国福建省アモイ 互恵協力 全国委員会 全国委員会主席 分裂活動 台湾同胞 台湾独立 大陸経済 委員会主席 民間交流 海峡フォーラム 演説発表 相互補完 福建省アモイ 習近平総書記 融合発展 記念大会 開催汪洋 開放段階 高い発展

映像情報

撮影日
2019/06/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分00秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4