「新華社」大きく「開花」する花卉産業福建省漳浦県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」大きく「開花」する花卉産業福建省漳浦県 中国福建省では近年、花卉(かき)産業が急成長を続けており、今や「人民の富」「生態系の美」を実現する新興産業となっている。台湾地区出身の黄瑞宝(こう・ずいほう)さんは1998年に自身が育てた胡蝶蘭を携えて福建省漳州(しょうしゅう)市の花卉展に参加し、その時以来この地と深い縁を持つ。同市漳浦(しょうほ)県にある漳浦台湾農民創業園は2006年に設立。中国大陸で最も早い時期に設立された胡蝶蘭植栽地の一つであり、胡蝶蘭種苗の主要生産地の一つでもある。黄さんが立ち上げた漳州鉅宝生物科学技術有限公司は、同園に入居してからすでに3千種以上の胡蝶蘭の品種を育てており、そのうち20種以上が中国農業植物新品種の認証を受けている。現在、同園には台湾資本の胡蝶蘭花卉企業が16社入居しており、年間生産種苗数は5千万株以上、生産額は3億元(1元=約16円)に達している。優れた技術を持つ台湾企業は自身の事業を拡大するだけでなく、大陸の企業に対して技術指導も行い、協力関係を築いている。鴻浩(漳州)園林有限公司は同園に入居する大陸資本の企業。同社の厳浩(げん・こう)総経理によると、台湾地区では早くから胡蝶蘭産業が勃興したため、研究開発や栽培の経験が豊富であり、台湾企業は自社の技術と経験を携えて来て、地元企業とそれらを共有することで、胡蝶蘭産業を発展させたという。2018年末現在、同県の花卉植栽面積は8万5千ムー(約5670ヘクタール)に達しており、植栽品種は2千種を上回っている。このうちガジュマルの盆栽、胡蝶蘭、多肉植物など100種余りが欧米、韓国、中東など40カ国・地域に向けて出荷されており、花卉全産業チェーンの生産額は42億元に達している。同県は同省花卉産業「開花」の縮図になっている。(記者/宓盈婷、林凱)<映像内容>胡蝶蘭栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 農業 しょうしゅう ガジュマル チェーン 中国大陸 中国福建省 中国農業 中国農業植物 協力関係 台湾企業 台湾地区 台湾地区出身 台湾資本 台湾農民 台湾農民創業 同市漳浦 同省花卉 同省花卉産業 園林有限公司 地元企業 多肉植物 大陸資本 宝生物科学技術 年間生産 年間生産種苗 技術指導 新興産業 有限公司 植栽品種 植栽面積 浦台湾農民 漳浦台湾 生物科学技術 生物科学技術有限公司 生産種苗 産業チェーン 産業福建省 産業福建省漳 研究開発 福建省漳 福建省漳浦 科学技術 科学技術有限公司 胡蝶蘭栽培 胡蝶蘭植 胡蝶蘭植栽 胡蝶蘭産業 胡蝶蘭種苗 胡蝶蘭花卉 胡蝶蘭花卉企業 花卉企業 花卉植栽 花卉産業 花卉産業福建省 農業植物 農民創業 鉅宝生物

映像情報

撮影日
2019/06/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分54秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4