「新華社」地震の1分前に早期警報を発信四川省成都市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」地震の1分前に早期警報を発信四川省成都市 中国四川省宜賓(ぎひん)市長寧県で17日午後10時55分(日本時間同11時55分)、マグニチュード(M)6・0の地震があった。同省成都市高新区の地震早期警報システムは地震波を検知し、揺れが始まる1分前に警報を発した。同区の複数の社区(コミュニティー)や学校では、大きな警報音が鳴り響き、10秒のカウントダウンの後、強い揺れを感じたという。同市では現在、学校180カ所、社区110カ所で地震警報システムを採用。社区内のラジオ放送やスマートフォン、テレビなどを通じ、地震波到達の数秒~数十秒前に自動で早期警報を発し、住民が危険を回避するための貴重な時間を作り出す。(記者/薛晨、李倩薇)<映像内容>地震早期警報システムの様子、撮影日:2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 地震 警報 カウントダウン コミュニティー システム スマートフォン マグニチュード ラジオ放送 中国四川省 同省成都市 四川省成都市 地震早期 地震早期警報 地震波到達 地震警報システム 市長寧県 日本時間 早期警報 早期警報システム 発信四川省 発信四川省成都市 警報システム

映像情報

撮影日
2019/06/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
540p
フレームレート
30fps
再生時間
01分16秒
音声有無
あり
映像有無
あり
映像形式
mp4