「新華社」深圳で国際ドローン展覧会開催世界から400社以上が出展
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」深圳で国際ドローン展覧会開催世界から400社以上が出展 中国広東省深圳市で20日から22日まで開催された2019世界小型無人機(ドローン)大会および第4回深圳国際ドローン展覧会では、国内外の関連企業400社余りが千台以上のドローンを披露した。今回の展示面積は2万2500平方メートルで、中国国内外の企業400社以上が、各種無人ヘリコプターや固定翼無人機、マルチコプター、無人飛行船、ハンググライダー型無人機、羽ばたき式無人機、関連製品を展示した。人工知能(AI)や無人機の技術革新と産業応用についても強く打ち出され、警察用、消防用、空撮用、農業用、測量製図用、物流用、送電線点検用、陸空両用救助用の各種無人機、無人機迎撃システム、無人機の付属品が展示された。今年に入って多くの無人機メーカーが「無人機+」の関連製品とソリューションを打ち出している。深層学習(ディープラーニング)やAI、モノのインターネット(IoT)などに基づく無人機のインテリジェント・エコシステムの構築を目指すとともに、次世代移動通信システム「5G」の技術を活用し、AIを応用した無人機市場の拡大を図っている。(記者/李思佳)<映像内容>第4回深圳国際ドローン展覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 EHang ロゴマーク EHang インテリジェント インテリジェントエコシステム エコシステム システム ソリューション ディープラーニング ドローン ドローン展覧 ドローン展覧会 ドローン展覧会開催 ハンググライダー ヘリコプター マルチコプター メーカー モノのインターネット 世界小型 世界小型無人機 両用救助 中国国内外 中国広東省 中国広東省深圳市 人工知能 各種無人 各種無人ヘリコプター 各種無人機 固定翼無人機 国際ドローン 国際ドローン展覧 国際ドローン展覧会 小型無人機 展示面積 展覧会開催 展覧会開催世界 広東省深圳市 技術革新 次世代移動 次世代移動通信システム 深圳国際 深圳国際ドローン 深層学習 測量製図 無人ヘリコプター 無人機メーカー 無人機市場 無人機迎撃 無人機迎撃システム 無人飛行船 産業応用 移動通信システム 空両用救助 翼無人機 迎撃システム 通信システム 開催世界 関連企業 関連製品 陸空両用

映像情報

撮影日
2019/06/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分54秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4