「福島民報」「民報ニュース」この一年、躍進の記録(天皇来県、海外移住促進、民主党結党、民報会館完成、田子倉ダム完成、東北本線完全電化)
本映像はログイン後にご覧いただけます

「福島民報」「民報ニュース」この一年、躍進の記録(天皇来県、海外移住促進、民主党結党、民報会館完成、田子倉ダム完成、東北本線完全電化)  師走にこの一年を振り返る。※撮影は複数日◆天皇来県 5月11日に天皇・皇后両陛下(昭和天皇)来県。宿舎の飯坂までの沿道は大変な人だかり。夜、飯坂温泉ではちょうちん行列があった。翌日、5月12日には福島県立盲学校を視察された。子どもたちは工作をしている様子を見せて、お二人から優しい言葉をかけられた。また、福島県庁前には2万5千人の県民が集まり、天皇・皇后両陛下はバルコニーから手を振って応えた。佐藤知事の説明でみちのくの山を眺めている様子。あの山に行きたいと希望されるほどたのしげな様子だった。 撮影日:1960(昭和35)年5月11~12日◆県民の海外移住促進 知事外遊 福島県民の海外移住を促進するため、佐藤知事自らが外遊したのもこの一年の明るいニュースだった。5月21日、知事一行は羽田空港から南米のメキシコへ飛び立った。同行した福島民報社村井幸三特派員が撮影した異国の風景。 撮影日:1960(昭和35)年5月21~6月23日◆民社党結党 民社党が結党したのは今年1月。総選挙では2人の現役が落選し、惨敗だった。◆福島民報会館 9月13日に福島民報会館が完成して広く県民に利用される新しい名所となった。3月1日に行われた地鎮祭で飛島社長がくわ入れをする様子と、9月16日福島市公会堂で祝賀会が行われた時の映像。撮影日:1960(昭和35)年3月1日、9月16日◆田子倉発電所 只見川の上流に田子倉ダムが完成した。 撮影日:1960(昭和35)年10月26日◆東北本線完全電化 福島ー東京間を走る東北本線の完全電化は、福島県民ばかりでなく日本の産業・文化に大きく貢献した。4月1日に東京から一番に走ってきた列車の華やかな姿。 撮影日:1960(昭和35)年4月1日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ 

タグ 昭和35年 1960年 5月11日 5月12日 天皇・皇后両陛下ご来県 昭和天皇 裕仁 香淳皇后 飯坂温泉 ちょうちん行列 福島県立盲学校 福島県庁前 佐藤善一郎知事 5月21日~6月23日 海外移住促進 メキシコ 羽田空港 村井幸三福島民報記者 民社党結党 総選挙 福島民報会館設立 報道文化の殿堂 3月1日 地鎮祭 飛島定城福島民報社社長 くわ入れ 9月16日福島市公会堂 祝賀会 10月6日 田子倉発電所 東北本線 完全 電化 ちょうちん みちのく バルコニー 人だかり 会館完成 会館設立 佐藤善一郎 佐藤知事 優しい言葉 報道文化 天皇来県 天皇皇后 子どもたち 幸三特派員 幸三福島民報 幸三福島民報記者 村井幸三 村井幸三特派員 村井幸三福島民報 民主党結党 民報会館 民報会館完成 海外移住 産業文化 田子倉ダム 田子倉ダム完成 県立盲学校 知事外遊 福島市公会堂 福島民報 福島民報会館 福島民報社 福島民報社村井 福島民報社村井幸三 福島民報社社長 福島民報記者 福島県庁 福島県立 移住促進 飛島社長

映像情報

撮影日
1960/05/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
福島民報

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
04分14秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4