関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省  許昌春秋楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 歴史 風景 建築 外観 ともしび 三国志蜀 中国河南省 中国河南省許昌市 保護単位 文物保護 文物保護単位 武将張遼 河南省許昌市 言い伝え 許昌春秋 重点文物 重点文物保護 関羽ゆかり

画像情報

登録日時
2016/07/24 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3868×5832 pixel
解像度
350 dpi
展開サイズ※
64.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ