「新華社」成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省 中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。最も目立つ場所に置かれているのは劉備とその義兄弟の関羽と張飛、そして諸葛亮の塑像。劉備殿の両側の廊下にはそれぞれ武将と文官が並んでおり、武将の最前列は日本でも人気の高い趙雲、文官の最前列は諸葛亮に並ぶ軍師として称えられた龐統(ほう・とう)となっている。武侯祠では8日から10月31日まで「2019成都武侯祠三国志フェア」が開催されており「三国志」愛好家は文化展示や三国書院、クリエイティブ・マーケット、文化クリエイティブ・コンテストなど十数項目の「三国志」関連イベントを楽しむことができる。(記者/陳健)<映像内容>「三国志」の登場人物の塑像など成都武侯祠の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 歴史 観光 風景 ほうとう またの名 イベント クリエイティブ クリエイティブコンテスト クリエイティブマーケット コンテスト マーケット 三国志フェア 三国時代 三国書院 中国史上 中国史上唯一 中国四川省 中国四川省成都市 全国重点文物保護単位 史上唯一 君臣合祀 君臣合祀廟 四川省成都市 成都武侯祠 成都武侯祠三国志 文化クリエイティブ 文化クリエイティブコンテスト 文化展示 武侯祠三国志 武侯祠三国志フェア 注目四川省 登場人物 関連イベント

映像情報

撮影日
2019/06/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分03秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4