三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市  荊州古城。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国文化 歴史 風景 景観 外観 けいしゅう じょうよう つかれ本拠地 はんじょう はんちく レンガ城壁 三国志の 三国志の舞台 三国志演義 三国時代 中国湖北省 中国湖北省荊州 志の舞台 戦国時代 文化観光スポット 湖北省荊州 湖北省荊州市 荊州北部 荊州古城 観光スポット 長江中流

画像情報

登録日時
2019/06/24 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
913×2268 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
5.9(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ