「新華社」世界の研究者が杭州市に集合、デジタル経済の10大問題を討論
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」世界の研究者が杭州市に集合、デジタル経済の10大問題を討論 中国浙江省杭州市で25日、アリババグループの提唱で設立された研究機関「羅漢堂」(LuohanAcademy)が招集した200人余りの研究者が、2019年「世界の未来にかかわる最も重要な10大問題」を共同発表し、各界の議論を大いに引き起こした。人工知能(AI)、ブロックチェーン、生体認証、クラウドコンピューティング、モノのインターネット(IoT)などの最先端技術の急速な発展に伴い、人々のライフスタイルに大きな変化が生じるようになった。同時に、これに憂慮を示す多くの声も聞こえるようになった。テクノロジーは多くの人々の生活をより便利にしてきたが、新しいテクノロジーに適応しきれない高齢者に対して新たな溝を作り出したのではないだろうか。プラットフォーム経済による受益者は関わる全ての人だろうか、それとも少数のプラットフォーム会社だろうか。今回の非公開会議では、中国国内外からやって来た有名な研究者、ノーベル賞受賞者、政財界の関係者など200人余りが、デジタル経済の論争になっているテーマについて議論を展開した。「羅漢堂」は2018年に杭州市で、技術革新に伴う社会・経済問題に焦点を合わせ、世界の社会学、経済学、心理学など多くの分野のトップレベルの研究者が共同発起して設立された。(記者/殷暁聖、周而捷)<映像内容>デジタル経済の問題を討論する様子など、撮影日:2019(令和元)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ デジタル経済 LuohanAcademy アリババグループ クラウドコンピューティング テクノロジー デジタル トップレベル ノーベル賞受賞者 ブロックチェーン プラットフォーム プラットフォーム会社 プラットフォーム経済 モノのインターネット ライフスタイル 中国国内外 中国浙江省 中国浙江省杭州市 人工知能 技術革新 最先端技術 浙江省杭州市 生体認証 研究機関 社会経済問題 経済問題 非公開会議

映像情報

撮影日
2019/06/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分05秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4