現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」 現代舞踏劇「清平楽・大都吟」、北京で上演  6月30日、作品の一場面「你儂我儂」を演じる役者。中国北京市にある二七劇場で6月30日、北京演芸集団がプロデュースし、北京歌劇舞劇院が制作した現代舞踏劇「清平楽・大都吟」が上演された。元代を主な時代背景とした同作品は、舞踊やせりふなどさまざまな表現手法を融合させることで、元代および当時の首都・大都(現在の北京)に見られた小令(短編の小曲)や元雑劇(古典的な戯曲形式の一つ)などの多くの芸術形式に創作的な表現を盛り込んだ。同作品はまた、観客に北京の文化伝承と芸術の革新を感じさせると同時に、中国文化が元代の民族大融合の下に解き放つ風格と魅力を表現した。(北京=新華社配信/雒圓)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 芸術 公演 プロデュース 中国北京市 中国文化 北京歌劇 北京歌劇舞劇 北京演芸 北京演芸集団 平楽大都 平楽大都吟 戯曲形式 文化伝承 時代背景 歌劇舞劇 清平楽大都 演芸集団 現代舞踏 現代舞踏劇 芸術形式 表現手法 首都大都

画像情報

登録日時
2019/06/30 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2778×4168 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
33.1(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ