「北海道新聞」むかわ竜 実物化石とレプリカ並べて公開
本映像はログイン後にご覧いただけます

「北海道新聞」むかわ竜 実物化石とレプリカ並べて公開 胆振管内むかわ町は6月29日、穂別地区で発掘されたハドロサウルス科恐竜化石(通称・むかわ竜)と複製(レプリカ)を町美幸3の道の駅「四季の館」で公開した。むかわ竜は国内最大の恐竜全身骨格で、新属新種の可能性が極めて高いとされる。3月に完成したレプリカの一般公開は初めて。7月13日から国立科学博物館(東京)で開かれる「恐竜博」で展示されるのを前に、地元でお披露目された。道の駅館内では床面の白い布の上に化石の全身骨格が並び、その隣に実物と同じ全長約8メートル、体高約4メートルのレプリカが置かれた。〈映像内容〉ハドロサウルス科恐竜化石(通称・むかわ竜)と複製(レプリカ)が道の駅「四季の館」で公開されている様子、撮影日:2019(令和元)年6月29日、撮影場所:北海道 むかわ町、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

タグ 恐竜 骨格 胆振管内むかわ町 穂別地区 発掘 ハドロサウルス科恐竜化石 むかわ竜 道の駅 四季の館 国内最大 恐竜全身骨格 新属新種 可能性が濃厚 レプリカ 一般公開 国立科学博物館 恐竜博 地元 お披露目 床面 白い布 化石の全身骨格 実物 学究 研究 むかわ町 ハドロサウルス 全身骨格 北海道新聞 実物化石 恐竜全身 恐竜化石 管内むかわ町 胆振管内 通称むか 道の駅館内

映像情報

撮影日
2019/06/29
種別
映像・音声 / 報道
提供元
北海道新聞

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
59.94fps
再生時間
01分02秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4