「新華社」蘇寧と中国聯通による初の5G体験型店舗、上海にオープン
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」蘇寧と中国聯通による初の5G体験型店舗、上海にオープン 今年は次世代移動通信システム「5G」の商用化元年とされている。中国家電販売大手の蘇寧易購と大手通信事業者の中国聯通(チャイナユニコム)が共同で設立した初の5G体験型店舗がこのほど、上海で正式にオープンした。店舗には5G通信対応の携帯電話、8Kテレビ、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、クラウドオフィスなど、インテリジェント製品とその応用シーンが展示されている。上海の中山公園にある蘇寧易購の5G体験型店舗では、華為技術(ファーウェイ)、OPPO、VIVO、小米(シャオミ)などのメーカーによる5G試作品が陳列され、消費者はそれらを体験できる。店員が現場で測定したところ、4Gで通信する下り速度は最大で約40Mbpsだが、5Gで通信した場合は最大で900Mbpsを超え、前者の約20倍となっている。スマートフォンのほか、クラウドオフィス、クラウドゲーム、高画質の動画送信、高画質でリアルタイムなエンターテインメント体験など、消費者は店舗で5Gの重要な応用シーンを確かめることができる。蘇寧易購によると、第1弾の5G対応携帯電話は7月末、8月初めに発売され、続いて上海にある全ての蘇寧の店舗で5G信号がカバーされる予定だという。(記者/張夢潔)<映像内容>5G体験型店舗の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ IT 科学 技術 スマートフォン SAMSUNG 韓国サムスン電子 ロゴマーク Mbps OPPO SAMSUNG VIVO インテリジェント インテリジェント製品 エンターテインメント エンターテインメント体験 オフィス オープン クラウド クラウドオフィス クラウドゲーム サムスン電子 シャオミ チャイナユニコム ファーウェイ メーカー リアルタイム 中国家電 中国家電販売 中国聯通 中山公園 仮想現実 体験型店舗 動画送信 大手通信 大手通信事業者 家電販売 家電販売大手 対応携帯電話 応用シーン 拡張現実 携帯電話 次世代移動 次世代移動通信システム 移動通信システム 華為技術 蘇寧易購 販売大手 通信システム 通信事業者 通信対応

映像情報

撮影日
2019/07/08
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分17秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4